スマホアプリ『BRIO WORLD-Railway』が面白すぎる!子供向け電車アプリでは最高のクオリティと思う理由を解説

電車アプリ『BRIO WORLD-Railway』ってご存知ですか?

3歳から10歳のお子さまを対象とした電車アプリなんですが、

このアプリ、単に電車が走るだけじゃないんです。

まっさらな土地に自分でレールを敷き、電車も自分で作成!

自分でつくった町の中でミッションをクリアしながらレベルを上げていく・・・

と、、単なる子供向けアプリではないんです。大人もハマります・・・

そんな魅力がつまったこのアプリを徹底解説します!!

スマホアプリ『BRIO WORLD-Railway』が面白すぎる!子供向け電車アプリでは最高のクオリティと思う理由を解説

まず…BRIOとは

BRIO(ブリオ)とは、1884年に設立されたスウェーデンの老舗玩具メーカーです。

木製レールウェイシステムは1958年に誕生し、以来世界中の子供達に愛されています。

2020年で創立136年を迎え、玩具メーカーの中では大変長い歴史があるブランドになります。

BRIOの玩具は、シンプルで丈夫で安全。知育にも繋がる玩具ばかり…

130年以上経った今も愛され続けています。

BRIO公式サイト

デザインがシンプルで可愛いし、安全で丈夫‼︎
子供が口に入れても安全な塗料を使ってるから
安心できる♩

BRIO WORLDがアプリになって登場

木製レールウェイシステムが2015年にアプリとなって登場しました‼︎

こちらが、今回ご紹介したいスマホアプリ『BRIO WORLD-Railway』です。

最初にお伝えしたいのが、こちらのアプリは無料ではありません。

ただし、一度ダウンロードしてしまえばアプリ内での課金はありません。

アプリ概要はこちら。

タイトル BRIO WORLD-Railway
発売元 Filimundus AB
ジャンル 教育
互換性 iOS 8.0以降。iPhone、iPad、およびiPod touchに対応。Andloid4.1以上
言語 日本語、 イタリア語、 スウェーデン語、 スペイン語、 ドイツ語、 フランス語、 ポルトガル語、 ロシア語、 簡体字中国語、 英語、 韓国語
サイズ 199.1MB
年齢 4+
価格 AppStoreでは¥370, GooglePlayでは¥300

※ゲームの内容は執筆時時点のものです。

なんでAppStoreの方が値段が高いのかは謎です…

発売元の『FILIMUNDUS』について

Filimundus(フィリムンダス)はスウェーデンのゲームスタジオです。

この会社は、のりもの遊び・働く車やお仕事体験など

知育に繋がる教育系アプリを多く配信している開発会社です。

『遊びながら何かを作っていく体験を促すような様々なチャレンジを子どもたちに提供することで、学習意欲を刺激したい』

こちらは、AppStoreでの企業紹介コメントを抜粋したものですが、

単なるゲームではなく創造力・社会性なんかも勉強できるアプリなんですね。

安全第一

FilimundusとBRIOの取り組みとして、

このアプリには攻撃的および不適切な表現は一切含まれていません。

広告やアプリ内課金がないところも安心して使用できる魅力です。

これなら子供に安心して提供できる!
知育ができて安全性もあるなら、私は納得の有料アプリかな!

ゲームの進め方

こちらがゲームの最初の画面です。▶︎をタップすることで次の画面にすすみます。

まずは、キャラクター作りから開始‼︎

はじめに、ゲームを進めていくキャラクターをつくることができます。

キャラクターは上記の画像のとおり、5体まで作成することができます。

出来ている2つは
リアルにうちの子供が作ったものです(笑)

新しいキャラクターをつくるときは、まだ作られていないところをタップしましょう。

名前を決めて、体のパーツ選び!

まずは、『なまえ』のところからキャラクターに名前を決めます。

ひらがな・カタカナ・英語・数字以外にも記号文字からでも名前を決める事ができます♩

つぎに、体のパーツを選びます。

パーツ 変更できるところ 種類
眼鏡・髭・そばかす・ピエロ? 30種類
帽子・髪型・顎髭・肌色 40種類
服装 30種類

今後のアップデートでもっと種類が増えていく可能性はありますが、

今の時点でも沢山の種類の中からパーツを選び、自分好みのキャラクターを作成することができます。

どちらかというと男の子のキャラクターよりのパーツが多い気がしますが、

髪型や服装で女の子のキャラクターももちろん作成できますよ♩

今回は、KENというキャラクターを作成してみました。

自分だけの世界をつくろう!まずはチュートリアルから。

つぎに、世界作りです。

最初の1回目は『チュートリアル』と書いてあるステージしか選択できません。

チュートリアルでは、世界の作り方を覚えます。5個の課題にチャレンジしていきます。

▶︎をタップしてつぎにすすみましょう。

指マークがでてきますので、指マークが指している場所をタップしていくだけの簡単操作です。

左側の車掌さんが指示しているように、電車を動かします。

指示通りに電車を動かせれば1つめのチュートリアルはクリアです。

画面上のレベルゲージが少しあがったことがわかります。↓下の画像参照

2つめのチュートリアルでは、駅で待っている女性を電車に乗せて

電車の発進ボタンをタップします。

クリアすると、車掌さんがニコッと笑ってレベルゲージが上がっていきます。

このように、5個のチュートリアルをクリアしていきましょう!!

レベルアップするとプレゼントがもらえる!!

すべてのチュートリアルをクリアすると、レベル2に上がります。

このとき、プレゼントがもらえます!!

レベル1クリア時は、『卒業証書』と『車掌メダル』がもらえます。

チュートリアルをクリアすると、キャラクター画面にも車掌メダルがつきますよ♩

やったー♩メダル嬉しい!

どんどん世界を広げていこう!

チュートリアルをクリアしたあとは、どんどん世界を広げていきましょう。

画面右上の工具マークをタップすることで、編集モードに代わります。

画面右側に7種類のツールボックスが出てきます。内容はこちら

ツールボックスの内容
線路(直線・曲線)
線路(分岐)
駅舎・トンネル・遊園地・クレーン
・木・岩・柵・草・動物たち
人々
橋・坂
車・車道・標識

レベル2の段階でも多数のツールから世界を作ることができます。

 

水?!て何?

ツールボックスの中で、私が最初謎だった水をご紹介します。

プールのようなものがありますが、これが水です。

こちらをタップしながら、置きたいところへもっていくと小さな水たまりができます。

集合体のような置き方をすれば池や湖を作成することができますし、

列のような置き方をすれば川ができます!

車庫で新しく電車を作成

車庫へ行って作りたい電車を作成しましょう。

右のツールボックスから、自分好みの電車をつくります

完成したら、右下の発車ボタンをタップします。

新しく作った電車を車庫から線路まで運びます。

もし、減らしたい電車や編集し直したい電車がある場合は、

線路から車庫へ戻してあげましょう。

世界を拡大させながら、課題をクリアしてレベルをあげていこう

編集モードで世界をある程度作り上げたら、

再生モードに変更して電車を走らせたり、ゲームをプレイしていきます。

 

課題とは?

電車や車を走らせたり、人や動物たちをタップして移動させたりしていると、

吹き出しマークが出てきます。

こちらが、課題です。

この画像の場合は、『牛を赤い貨車に乗せて動かす』というのが課題ですね。

達成できればレベルゲージがあがります。

レベルアップでいろいろなアイテムがもらえる!

レベルアップすると、新しい電車・クレーン以外にもキャラクターや動物たちがGETできます。

小さなお子さまでも、クリアできそうな簡単な課題が多いので、

最初はタップして電車を動かすだけの遊び方から、

課題をクリアしていく達成感・レベルアップすればプレゼントがもらえる楽しみ、などなど

お子さまそれぞれ違った遊び方を見つけられそうですよね 😛

子供のためにと、世界をつくっていると
いつの間にか大人がハマってるんです(笑)

世界は何個つくれるのか…

他の世界を作りたいときは、▶︎をタップして進みましょう。

最初から4パターンの世界はつくられています。

線路を組み立てたり駅を配置するのが苦手な場合は、この世界で最初から遊ぶことができます。

1から世界を作りたいとき

▶︎ボタンで一番右まで進めると、上記画面がでてきます。

プラスマークをタップすることで、新しい世界をつくることができます。

ちなみに、新しい世界は何個まで作れるのか実際に作って調査してみましたが、

なんと50個以上作れます!!!

実際のところ、50個作ったところで調査をやめました😅💦

というのも、まだまだ作れそうでしたが、

1体のキャラクターで50以上世界が作れるということは、

キャラクターは5体までつくれるので、250以上世界が作れるということです!!!

300円台の有料アプリで、ここまで出来れば
文句なしだなぁ!と感じます!!

削除するときは、ゴミ箱へ

世界を作り直したい時、削除したい時は、

ゴミ箱へドラッグすれば削除できます。

自分好みの世界を沢山作って、コレクションしたいですね♩

最後に…

いかがでしたでしょうか。

小さなお子さまは音が鳴ったり、触ると動くものはとても興味をもつと思います。

実際にうちの子供も、

最初は私がつくった世界の中で電車を動かしたりキャラクターを動かして遊んでいましたが、

幼稚園児になったころからレールをつくるところから、「じぶんでやる!!」と言い出し、

手を出すと怒るほどに… 😆 (笑)

だんだんつくる世界もクオリティが高くなっているので、

どんなものを作るのか親としても楽しみにしています。

ツールアイテムも充実しているので、

お子さまそれぞれ違った遊び方を見つけられそうで、まだまだ奥深いアプリだなと思います。

電車好きのお子さま、何か新しいアプリをお探しのお子さまにぜひ♩おすすめします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です