一番身近なポイ活!?『LINEポイント』の使い方。コインとの違いって何?

LINEでもポイントが貯められてポイ活ができることをご存知でしょうか?

一番身近で毎日使用するものだからこそ、

ポイントの貯め方使い方、LINEポイントとコインの違いって何!?などなど

知っておきたいと思い調査してみました!!

一番身近なポイ活!?『LINEポイント』の使い方。コインとの違いって何?

ほとんどの人が利用しているLINE

 

日本で今最も使われているSNSツールは『LINE』と言われています。

人口1.265億人の中で、LINEの月間アクティブユーザーはなんと8000万人にものぼるそうです。

さて、そんなに多くの方が使用しているLINEとは、

LINE株式会社が開発し提供するソーシャル・ネットワーキング・サービスです。

もう生活になくてはならないツールですよね。

まずは、LINEポイントの確認方法

いま現在のポイント数の確認方法から紹介します。

ポイント確認方法は2つあります。

①手っ取り早くポイント確認

画面下の『ウォレット』のをタップすると、ウォレットメニューが開きます。

オレンジの枠で囲んだところにポイント数が表示されています。

②LINEポイントメニューから確認

ウォレット画面内にある『LINEポイント』という枠をタップと、

LINEポイントメニューが開きます。

上部にポイントが表示されています。

LINEポイントの基本

LINEポイントは、わかりやすい

1ポイント = 1円

です。

もともとLINEフリーコインという名前でしたが、今は『LINEポイント』と名前が変わっています。

有効期限は、LINEポイントを獲得した日から180日間となっています。

有効期限が切れてしまうと、全ポイントが失効していまいますので要注意です。

有効期限の確認方法は、

LINEポイント画面の左上の『三』のようなマークをタップします。

LINEポイント履歴をタップすると、確認ができます。(下記参照)

LINEポイントって何に使えるのか!?

やっぱりどんなものでも貯める前に、

何に使えるのかがわからないと貯める気にもならないですよね!!

ですので、

まずはLINEポイントの使い方からまとめていきます!

①LINE Payで使う!

貯めたポイントが毎日の買い物時に使えたら最高!!ですよね♩

LINE Payはお財布要らずで決済ができる大変便利な機能ですが、

LINEポイントをLINE Payの支払い時に、

1ポイント = 1円で使用することができます!!!

ここでLINE Payについて少し解説します。

LINEユーザーなら誰でも登録できるLINE Pay。

銀行口座を登録しておけば時間や場所を問わずに簡単にチャージできます。

設定した金額を下回った場合はオートチャージの設定も可能です。

また、大人数で食事をした時など、

立て替えてくれた友達に口座入力不要で友達のLINE Payアカウントへ簡単に送金ができたり、

スマホ一台で完結してくれて、現金での面倒なやりとりは一切不要!!

しかも、入金手数料や送金手数料は無料です!!!

ただし、振込した場合は振込手数料176円(税込)がかかります。

使えるお店は続々増えています

LINE Payには『コード支払い』・『オンライン支払い』・『請求書払い』

3つの支払い方法があります。

支払い方法、使えるお店をまとめてみました。

支払い方法 使えるお店 お店の数
コード支払い
  • スマホでコードを提示し、レジでスキャンしてもらう。
  • 店頭のコードを読み取り支払い。
  • Android端末のみ、LINE Pay画面から『Google Pay』を選択して支払い(登録手続き要)。
セブンイレブン・ローソン・ライフ・サミット・マツモトキヨシ・成城石井・トイザラス・イケアストア・ビックカメラ・ヤマダ電機などなど 200店舗以上
オンライン支払い
  • 決済時に、『LINE Payで支払い』を選択。加盟店であればどこでも支払い可能。
Uber Eats・ZOZOTOWN・ラクマ・SHOPLIST.com・出前館・ピザハットなどなど 20店舗以上
請求書支払い
  • 請求書(払込票)のコードリーダーを読み取り、LINE Payの残高から支払い可能。
電力会社(一部)・市町村(一部)・保険料支払いなどなど 80以上の市町村や企業など

いかがでしょうか。街の店舗での支払いやオンラインショップ利用時以外にも、

市町村や電力会社の支払いに使えるのはかなり魅了的だと感じます!!!

LINEポイントを頑張って貯めれば、さまざまな料金支払いに使えることが

ここまででもよくわかりますね!

LINE Payについてさらに詳しく知りたい方はこちら→LINE Pay公式ホームページ

でも、LINEポイントはLINE Pay以外にもまだまだ使い道があります。

②スタンプ/着せ替えと交換

おなじみのLINEスタンプ・絵文字・着せ替えを購入したい時に、

LINEポイントを使って交換することができます。

『えっ交換?』と感じるかもしれません。

ここがややこしいところなんですが、

スタンプ・絵文字・着せ替えは、LINEポイントで直接1ポイント=1円では買えません。

LINEポイントをLINEコインに交換することで買えます。

 

LINEコインて何?!

LINEコインとは、

LINEスタンプ・絵文字・着せ替えショップで使えるLINE上での通貨です。

LINEコインを手に入れる方法は2種類あります。

  1. 課金して購入
  2. LINEポイントをLINEコインに交換して使う

 

保有しているLINEコインの確認方法は・・?

まずは、LINEのホーム画面の左上にある歯車のような設定ボタンをタップ。

設定メニューの中にある、『コイン』をタップ。

コインメニューで、保有しているコインを確認できます。

また、課金してコインを購入する場合は右上の『チャージ』をタップします。

コインチャージメニューから購入ができます。

 

LINEポイントをLINEコインへ交換する方法

方法と書きましたが、方法も何もないんです(笑)

なぜかというと、LINEポイントからLINEコインは自動交換されるからです。

LINEポイント2ポイント = LINEコイン1コイン

として交換・使用することができます。

 

スタンプ購入までの流れ

まずは、現在の保有ポイントは220ポイントです。

つぎに、ホーム画面中央の『サービス』の中に、スタンプ・着せ替えがあります。

絵文字はスタンプショップから買えるようになっています。

スタンプショップへいき、欲しいスタンプ情報画面をみてみると、

下記のように、保有ポイントがコインに自動変換されて表示されています。

(課金せず、ポイント交換のみでコインを保有している場合を表示しています)

コインが足りなくても『購入する』ボタンから
コイン課金メニューが開くので、
足りない時は課金して買えるよ!!!
LINEポイントとLINEコインの違い

LINEポイントが元々LINEフリーコインという名前だったこともあり

ややこしい印象のあるかもしれませんが、

違いをまとめてみると意外とわかりやすいので簡単な表にしてみました。

  LINEポイント LINEコイン
貯め方 貯めることができる コインを貯めることはできない

ポイントからの自動変換か課金

使い方 様々なサービスで利用可能 スタンプ・絵文字・着せ替えで利用可能

③LINEサービスで使う!!

貯めたLINEポイントはさまざまなLINEサービスで利用することができます。

上記画像にある4つ以外にも多数のサービスがあります。

ホーム画面中央のサービスを『すべて見る』をタップしてみましょう。

すごい数ですね・・・!!

LINEはさまざまなサービスを運営、提携していますが、

LINEが提携しているサービスでは、LINEポイントがほぼほぼ使えるんです!!

貯まったポイントで支払っても良し、現金化や商品券などへの交換も良し、

と使い方も自由に選べます。

つぎはLINEポイントの貯め方です!!

今回LINEポイントが何に使えるのかを調査してみて、

ここまで盛り沢山に使えるとは正直かなり驚きました!!!

これは、『LINEポイントのポイ活本腰で頑張らなければ!!』と感じました♩

LINEポイントの貯め方を調査した記事はこちら↓をご覧ください。

一番身近なポイ活!?『LINEポイント』の貯め方を徹底調査!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です